看護師転職・求人サイトを徹底比較!

看護師の仕事の種類・資格・就業場所

看護師の仕事の種類・資格・就業場所

看護師の仕事の種類、資格、就業場所にはどのような内容があるのでしょうか。看護師といっても実際に行う業務はさまざまです。仕事内容や立場、就業場所により全く異なった働き方になりますので、しっかり確認しておく必要があります。
看護師の仕事の種類

主な看護師は以下の通りです。

外来看護師
⇒外来看護師は、医師の診察がスムーズにできるように介助が主の目的となります。
病棟看護師
⇒病棟看護師の仕事は、注射や点滴などの医療処置や、患者の身の回りの清潔を保つなど「患者の看護」を行います。
オペ室看護師
⇒オペ室看護師の主な仕事は、手術を円滑に行うための手術の介助です。介助には、執刀医を直接サポートする「直接介助」と、投薬や手術環境を整える「間接介助」があります。
ICU看護師
⇒ICUの患者は、体調が短時間で急変する可能性があるため、ICU看護師に求められることは、幅広い知識や集中的な看護、観察が必要になります。

准看護師
⇒医師や看護師の指示のもとで看護を行うことができる資格です。正看護師との大きな違いは、正看護師が国家資格を取得されている方に対して、准看護師は公的資格(各都道府県で行われる知事試験をパスした人がもらえる資格)を取得されて方で構成されています。准看護師と正看護師では見た目も変わらず、仕事内容においてもほとんど変わりません。では違いですが、正看護師は、「医師の指示」に基づき医療行為の補助を実施するものに対し、准看護師は、「医師・歯科医師・正看護師」の指示のもとで看護を行うということになります。そのため、准看護師から正看護師に経験に関わらず指導することはできません。認定看護師の取得や、管理職などのキャリアアップも難しい現状があります。

保健師
⇒保健師になるためには、国家資格の看護師免許と保健師免許の両方を取得する必要があります。保健師の仕事内容は、保健指導や相談業務、日常生活支援などを行います。学校で働く「学校保健師」、行政機関で働く「地域の保健師」、民間企業で働く「産業保健師」などがあります。

助産師
⇒助産師の仕事は、妊婦、出産を終えたばかりの女性、新生児の保健指導を行うことが役割とされています。
出産前:妊婦の健康管理、食事、生活指導、分娩
出産後:体調管理、母乳・乳児指導

■看護師の資格

「専門看護師」
⇒毎年1回行われる認定看護師認定審査に合格して、登録手続きを行う必要があります。資格の有効期間は5年です。そもそも専門看護師とは、高度な看護ケアを提供するために専門看護分野の知識及び技術を深めた人のことです。
専門看護師総数は、2014年度で1,480名です。

「認定看護師」
⇒毎年1回行われる認定看護師認定審査に合格して、登録手続きを行う必要があります。資格の有効期間は5年です。そもそも認定看護師とは、特定の看護分野において、水準の高い看護実践ができる人のことです。
認定看護師総数は、2014年度で14,263名です。

■看護師の就業場所

病院
診療所
介護保険施設
訪問看護
看護師学校養成所
社会福祉施設
その他

最も多いのが病院で約74万人、続いて診療所が約12万人、介護保険施設約6万人、訪問看護約3万人、看護師学校養成所・社会福祉施設はそれぞれ約1万人となっています。看護師は、大学病院、公立・私立の病院、診療所で働く方が大半ですが、最近では高齢化に伴い老人保健施設などで働く方が増えてきております。

URL :
TRACKBACK URL :

是非、感想をお聞かせください。(名前・コメントのみ可)

DigiPress
*

看護師の求人サイトを徹底比較しているサイトです。看護師の転職活動にお役立てください。ナースパワー、ナースフル、ナース人材バンク、看護のお仕事、ナースではたらこ、MEDFit、看護roo、ジョブデポ、ナースジョブ、ジョブデポ看護師、ナース・ベア、ナースのe-お仕事、マイナビ看護士、ナースパワー人材センター、看護プロ、ナースネット、ナース人材バンク等の口コミや実績、利便性などを比較しています。(看護師転職人気ランキング・看護師転職お祝い金ランキングもございます)
Return Top